ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ オープンイノベーションサービス Smart Business Gateway

専門家コラム:ソーシャルメディアから読む消費者動向

【最終回】豆乳の人気は本当?Twitterからみた「豆乳」の利用方法

前回の「鍋」の調査で「豆乳鍋」が出てきていた時から気になっていた「豆乳」。「畑のお肉」とも言われている大豆からできた豆乳は、今ではお店で色々な味のものを手軽に入手できるようになり、健康食品・飲料が大好きな筆者としては嬉しい限りです。「豆乳」が使われているだけでついつい優先して買ってしまいます(豆乳クッキーなど)。
今回は豆乳が「鍋」以外にもどのような使われ方をしているのか、ソーシャルデータから見てみましょう。

「豆乳」に関するツイートについて

上記は「豆乳」をキーワードにしたTwitterの投稿年間推移です。
季節によっての大幅な変動はみられず、季節を問わず安定して話題になっているようです。

各月で「豆乳」と一緒にツイートされる件数が多いキーワードの上位100件をとおして傾向をリサーチしてみました。

豆乳全体の印象は?

「豆乳」全体的に関しては、体に良いなどポジティブワードが多く、プラスの印象があるようです。
また、「毎日」というキーワードが、年間を通じて1位を獲得しており、毎日継続して飲みたいと考えている人が多いのも特徴といえます。

豆乳を飲んでダイエット!?

上記は「豆乳」と一緒にツイートされているキーワードの出現数を分析したもので、このグラフからはTwitter利用者が「豆乳」についてどのようなことに興味があるのかを、読み取ることができます。

豆乳の関連ワードでは「ダイエット」というワードが、年間を通じて50位以内に入り続けており、上位10位までのキーワードもほぼ「ダイエット」に関するツイートでした。

具体的な例として、「朝食前に豆乳を飲むと満腹感が得られる」「大豆サポニンが腸内の脂肪の吸収を抑える」というものがありました。 また、生理前に豆乳を飲むというダイエット方法もTwitter上で話題になっているようです。
「豆乳」は、その豊富な栄養価などから注目を集めており、健康、美容、ダイエットなどで話題を集めているため、飲食店や飲食業界では、そういったキーワードをさらに詳しく調査、分析することで、メニュー開発にも役立つかもしれません。

何にでも応用可能?幅広い豆乳の活用法

「ダイエット」以外のワードに関しては大手飲料メーカーが出している豆乳の味(フレーバー)に関するツイートが多いようです。スタンダードな「無調整豆乳」「調整豆乳」のほか、「フルーツ豆乳」「紅茶豆乳」「きなこ豆乳」「バナナ豆乳」「メロン豆乳」「マンゴー豆乳」など色々な味のアレンジがあるようです。また「コーラ豆乳」「ソーダ豆乳」というような炭酸系のフレーバーもあり、さまざまな種類に注目が高まり、驚きの声ともに発言数が集まっていました。
また、各自いろいろな種類のオリジナルのスムージーを紹介するツイートもあり、調整豆乳はクセが少なく、何にでも合うという、汎用性の高さが豆乳の特長と言えそうです。 

今後注目したい「豆乳」関連のキーワード

それでは、飲食店等で「豆乳」を取り入れる際に注目したいキーワードとはなんでしょうか?今回は以下の3つの観点で紹介します。

  • 興味を惹く「豆乳」メニューとは?
  • 「豆乳」とセットで売れそうなものとは?
  • 「豆乳」の意外な利用法とは?

興味を惹く「豆乳」メニューとは?

「豆乳」は一緒に「ダイエット」というキーワードが常に発言されていることから痩せるための一つのアイテムであることが分かります。また、豆乳に含まれる必須アミノ酸である「トリプトファン」や脳内物質の「セロトニン」というキーワードから、リラックス効果を期待されていることが分かります。
このことから「豆乳」を使って健康を意識したメニュー開発をされるとよいでしょう。
さらに、「一石二鳥」というキーワードもあり、食べるだけで良い効果を期待する書き込みも多いようです。これらの説明をメニュー紹介に取り入れると、お客さまの興味を惹くことができるでしょうし、「なるほど」と思いながら食べることで満足度が上がるかもしれません。

「豆乳」とセットで売れそうなものは?

「豆乳」と「料理」についてTwitterやブログを調べてみると、幅広い使われ方をすることも分かりました。「豆乳シチュー」「豆乳ドリア」など牛乳の代用としての利用や「豆乳ゴマ担担麺」など牛乳の代わりに味をまろやかにするために利用したり、「豆乳雑炊」や「豆乳鍋」「豆乳茶碗蒸し湯葉あんかけ」など豆乳をメインで食べたりしているようです。
豆乳がどのように調理されているのかを知ることで、コンビニやスーパーでは「豆乳」の近くにどのような商品を置けばいいのかヒントにもなるのではないでしょうか。また、Twitterやブログをさらに詳細に調査することで消費者が上記以外にもどの料理に興味があるか分かり、売り方の参考になるかもしれません。

「豆乳」の意外な利用法とは?

「豆乳」は健康的な食品として期待が高いこと、幅広い活用がされていることが分かりましたが、ほかにも好評な意見として「牛乳の代替品」がありました。
これは前章の「味をまろやかにするための代用」ではなく、乳アレルギーの方への選択肢として用意したり、レギュラーメニューのアレンジとして提供する使われ方が多いようです。ドリンクメニューでは、豆乳ラテ(コーヒー)、豆乳ココア、豆乳紅茶などが「豆乳」と一緒にツイートされるキーワードの上位にランクインしていることから牛乳の代わりに使うことでのアレンジメニューとしても役割を果たしていることが読み取れます。
今後はダイエットや美容、幅広い食べ方や飲み方としてだけでなく、乳アレルギー対策としての選択肢が増えると消費者としては嬉しいかもしれません。

* 今回、「豆乳」に関するキーワードを見ることで、豆乳のメリットなどを多く紹介してきましたが、短期間での過剰摂取等は体に悪影響を及ぼす可能性もあるため注意が必要です。また、アレルギー症状は個々に異なるため日常生活でのご活用の際はご注意ください。

以上、「Twitter」の年間データから「豆乳」について調査しましたがいかがでしょうか。
今回は1年分のTwitterから「豆乳」の話題から「食」に注目して調査しましたが、この調査期間をもっと長くしたり、日記のように書かれるブログを読み解くことで、さらに詳細な「豆乳」の今の使われ方を知ることができます。もちろん「食」以外の使われ方を調べることで消費者がどのように使っているのか、使おうとしているのかを知ることができ、今後の販売やメニューの開発、そのほか化粧品などへの利用など、どのように活用していくか検討するためのヒントになるかもしれません。

これまで6回にわたり、ソーシャルデータ分析で「食」に関する調査をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?Twitterやブログをさらに調査することで、どのような人がどのようなことを求めているのかを知ることができ、それを商品開発に活用いただくことで、より消費者の方々が喜んでいただけるようなサービスにつなげることができると信じています。

いままでご愛読ありがとうございました。
また別の機会にお会いしましょう! 

※ Twitter1/10サンプリングデータ:Twitter総数の10分の1のサンプリングデータです。

本コラムは当社ツール「ソーシャルデータ活用・分析サービス」を活用しています。
Twitterやブログなどの大量のソーシャルデータを効率的に分析することで世の中の動向や消費者の想いなどを見てみませんか?

「ソーシャルデータ活用・分析サービス」の機能紹介

※ コラムは筆者の個人的見解であり、日立システムズの公式見解を示すものではありません。

本サービスに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。