本文へジャンプ

日立システムズは、コンサルティングからシステム開発・構築・運用・保守・廃棄までのソリューションをワンストップで提供いたします。

Hitachi

株式会社日立システムズ

日立システムズが提供するMicrosoft Dynamics AXのテンプレートには、卸売業だけに特化した機能が満載です。

ExcelやAccessなど他Microsoft製品との連携に優れ、独自のカスタマイズも容易なERPパッケージ 「Dynamics AXシリーズ」は、現在130以上の国や地域で12,000社を超える導入実績を誇ります。日立システムズでは、シリーズ最新作「Dynamics AX2012」に、日本の卸売業界に特化した機能を追加し、「卸売業向けテンプレート」として提供します。

Microsoft Dynamics AX 卸売業向けテンプレート3つの導入メリット

1 機能性、柔軟性、操作性を兼ね備えた「Dynamics AX2012」の強みを最大限に活用
「Dynamics AX2012 卸売業向けテンプレート」は、「Dynamics AX2012」のアドオンプログラムとして提供します。「Dynamics AX2012」本来の良さを損なわず、特性を十分に生かせる形で、卸売業向けの機能を拡張できます。
2 豊富なERP構築実績をベースに、日本の商慣習に即した卸売業向け機能実装
国内におけるERPソリューション構築の豊富な実績と、業種特化型自社パッケージの開発で蓄積した、日立システムズのノウハウを本製品に凝縮。グローバルビジネス対応という製品の強みを生かしたまま、日本の商慣習に即した各種帳票や機能を実装しています。
3 業種特化型ソリューションのため、早期の立ち上げが可能
卸売業の業務に特化したさまざまな機能や帳票を準備しています。そのため、一から構築するよりも早期に業務を立ち上げることが可能です。

Microsoft Dynamics AX 卸売業向けテンプレートに関する資料請求・お問い合わせは… 商品に関するお問い合わせ(フリーダイアル)0120-346-401 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

Microsoft Dynamics AX 卸売業向けテンプレートの 特長

「Dynamics AX2012 卸売業向けテンプレート」は、日本の商習慣を考慮したさまざまな機能を搭載しており、グローバルパッケージである「Dynamics AX2012」の機能性、柔軟性、操作性といった長所を、さらに増大させることができます。特に発注承認用のワークフロー機能や独自フォーマットによる各種帳票、データチェック機能付きのデータ一括登録は、実際にお客さまからのご要望にお応えした拡張機能です。

1 発注承認ワークフロー機能

クリックすると画面が拡大できます

例えば購買発注の上長承認を得たあとで、調達部に申請を回したとき、調達部の上長に承認を得るフローは日本独自の商習慣といえます。「Dynamics AX2012 卸売業向けテンプレート」の「発注承認ワークフロー」があれば、そうしたケースでスムーズに処理ができます。

2 各種帳票

クリックすると画面が拡大できます

注文書や見積依頼書にしても、日本の商習慣に合わせた項目や罫線が必要です。「Dynamics AX2012 卸売業向けテンプレート」では、そうした日本の商習慣に配慮して作成した独自フォーマットの各種帳票を用意しています。

3 データ一括登録(チェック機能付き)

パッケージ標準機能では、データの一括取り込みを行う場合、データの整合性や key項目のチェック機能がないため事前に登録内容を確認する必要があります。「Dynamics AX2012 卸売業向けテンプレート」なら、これらの内容を自動でチェックする機能を有しているのでデータ移行作業の効率が向上します。

販売プロセスなどにおける上記機能を利用するタイミング

販売プロセス:顧客注文の受領→在庫状況確認1→受注登録→在庫状況確認2→製品出荷→売上計上 マスタープラン:所要量展開→計画オーダー確定→在庫状況確認3 調達プロセス:確定注文→着荷・入庫→在庫状況確認4→買掛計上

Microsoft Dynamics AX 卸売業向けテンプレートの利用で得られる効果

「Dynamics AX2012 卸売業向けテンプレート」には、日立システムズの豊富なERP構築実績と、業種特化型システムの開発で蓄積したノウハウを詰め込んでいます。このテンプレートを利用することで、導入期間の短縮や、トータルコストの低減が実現できます。

導入費用低減ポイント

従来型の導入(アドオン開発費用、コンサルティング費用、ハードウェア費用、ライセンス費用)、テンプレート導入

ポイント1

  • 卸業界向け標準業務プロセスの定義により、業務要件ヒアリングを効率化
  • 事前パラメーター設定により、現物を見 ながら確認・調整できるので、システム設定工数が軽減
  • プロジェクトで必要なドキュメント類が用意されているので、ドキュメント作成工数が軽減

ポイント2

  • アドオンライブラリの活用により、新規アドオン開発の大幅削減

短期導入

  • 定義済のプロトタイプを確認しながら業務ヒアリングを実施するため、業務要件定義フェーズの期間を短縮できます。
  • プロジェクトで必要なドキュメント類をあらかじめ用意しているため、プロジェクト期間全体でのドキュメント作成工数を軽減可能です。

低費用

  • あらかじめ用意しているレポート、帳票、画面などのアドオンライブラリを活用することで、追加開発工数を抑え、低費用での導入が可能です。

低リスク

  • 短期導入実績のあるテンプレートのため、低リスクでの導入が可能です。

Microsoft Dynamics AX 専用サイトへ

※Microsoft、Microsoft Dynamics は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します