ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

デジタル証明書をベースにした情報システムにおける認証基盤システムの設計・構築サービス。

デジタル証明書をベースにし、情報システムにおける認証基盤(PKI)システムを設計・構築するサービスです。日本版SOX法や内部統制のIT強化策の基盤として有効です。また、中央省庁や地方自治体向けに「職員認証システム」も提供しています。

SHIELD セキュアリモートアクセスの概要・特長

SHIELD セキュアリモートアクセス ~Web based Application with PKI~

SHIELD セキュアリモートアクセスのPKI(Public Key Infrastructure)とWebアプリケーションで電子商取引のセキュリティを強化します。今ビジネスにはインターネットの技術を積極的に活用し、顧客ニーズに素早く的確に応えることが求められています。しかし、その推進を阻む要因として、ハッカーの問題に見られるように、ネットワークのセキュリティに対する不安があります。

この問題に対して、各企業、政府機関が技術と制度の両面から安全な環境を構築するべく努力が続けられています。 Firewallの技術により、外部からの不正侵入の多くは対策することが可能です。しかし、より上位のユーザーサイドに近い問題となると、ユーザーを確認し、通信内容を保護し、通信を否認されないようにする必要があります。その技術が認証技術です。

このような背景のもと、認証技術とアクセス制御の技術をこれからのシステム基盤と位置付けました。日本版SOX法に対応した内部統制の強化や、社内・社外・顧客との信頼できる基盤の構築により、お客さまの積極的なビジネス展開を可能にします。

SHIELD セキュアリモートアクセスで実現する機能

  • 利用者個人単位の認証基盤を構築します。
  • 認証媒体を使用した安全な認証を実現します。
  • VPN通信機能により、盗聴や改ざんから通信内容を保護します。
  • グループアクセス制御により、情報アクセスを制御します。

PKI認証システム アクセスイメージ

  • フリートライアル

機能詳細

導入例

SHIELD セキュアリモートアクセスの導入例として、会員専用の商品情報を提供するシステムの例をご紹介します。

このように、商品の販売とサービスに関わる関係者と商品を購入した会員に、それぞれ必要な情報をインターネットを使って提供することで、顧客のニーズに即したサービスをすばやく展開することが可能になります。 SHIELD セキュアリモートアクセスはこのようなサービス展開のための基盤を提供するものです。

会員情報提供サービス認証システム

認証システム構成イメージ

サポート情報

  • フリートライアル

その他の商品情報

関連サービス

SHIELD 認証管理サービス

パブリッククラウドやプライベートクラウド(自社システムなど)の利用に必要なユーザー認証を統合管理するクラウド型サービスです。

  • ※Windows、Windows Mobileは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • ※Android、Androidマーケットは、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • ※FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
  • ※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
*
テキストおよび図中での表記については、一部旧ブランド名称のまま表記している箇所があります。

SHIELD セキュアリモートアクセスをご検討のお客さまはこちら

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)