ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、女性活躍推進の取り組みの一環として、日立システムズおよび、日立システムズグループの従業員を対象とした「女性がさらに輝いて働き続けるための社内講演会」を2月15日に開催しました。
本講演会は、自分の働き方を見直し、さらに輝いて活躍することを目的に、日立システムズの本社で開催し、他10拠点ともテレビ会議システムで中継し、全国から117名の従業員が参加しました。

講演会の様子1

講演会の様子2

講演会の様子

日本は急速な少子化と高齢化が進んでおり、日本経済を支える労働力人口が減少を続けています。政府は少子高齢化対策の一環として、「一億総活躍社会」の実現や「女性活躍推進法」の施行などに取り組んでいますが、社会からは仕事と生活の調和や自発的なキャリア開発促進の強化などが継続して求められている状況です。
日立システムズでは、これまで、育児休暇を取得した従業員とその上長を対象とした「育児休暇復職支援セミナー」や、男性従業員を対象とした「育児と仕事の両立支援セミナー」の実施、短時間勤務制度や在宅勤務制度などの両立支援制度の充実を図ってきました。こうした取り組みの中で、日立システムズは女性従業員が働くうえで、実際、何に悩み、どのような壁を感じているのかを把握するためのアンケート調査を行いました。その結果、女性活躍推進の機運の高まりによって自分たちに対して求められているものへの疑問やキャリア伸長に対する自信の無さ、ライフイベントと仕事の両立に対する不安などを抱えていることが分かりました。
こうした背景を踏まえ、両立支援制度を充実させるだけでなく、女性従業員の不安要素を払拭し、就業意欲や意識向上を図ることが重要であると考え、女性がさらに輝いて働き続けるための社内講演会を実施しました。本講演会では、株式会社ACT3(アクトスリー)の堂薗 稚子(どうぞの わかこ)氏を講師として招き、「オンナの輝き方は一つじゃない!しなやかに、したたかに働き続けるために~壁にぶつかり続けてきた私のキャリアシェア~」と題した講演会を行いました。講演では、女性活躍に対する考え方、各年代における働き方について、自らの経験を交えて話を聞くことができました。
なお、本セミナーに参加した従業員のコメントは以下の通りです。

  • 今後のキャリア形成に不安を感じていたが、今回の講演を聞き、不要な心配を排除することができた。
  • 男女の考え方や物の見方の違いを知ることができたので、今後に生かしていきたい。
  • 「モチベーションは自分で維持するもの」「手加減された仕事はつまらない」という言葉に共感できた。

今後も日立システムズは、多様な働き方を支援し、従業員一人ひとりがいきいきと、安心して、最大限の能力を発揮することができる環境づくりに継続的に取り組みます。そして、いきいきと働く多彩な人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、お客さまと共に新たな価値を創造してまいります。

ご参考:「女性自身の働く意識の改革を図る社内講演会」の概要

ご参考:「仕事と介護の両立支援セミナー」の概要
日時2017年2月15日(水) 14:30 ~ 16:00
場所本社(東京) 他10拠点とテレビ会議システムで中継
目的自分の働き方を見直し、さらに輝いて活躍すること
対象者日立システムズおよび、日立システムズグループの従業員
参加人数117名 ※中継先参加者含む
講師株式会社ACT3 堂薗 稚子氏
講演内容「オンナの輝き方は一つじゃない!しなやかに、したたかに働き続けるために
~壁にぶつかり続けてきた私のキャリアシェア~」

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。