ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2016年11月29日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、一般社団法人日本能率協会(会長:中村 正巳/以下、JMA)が主催する「KAIKA Awards 2016」において「KAIKA賞」を受賞したことをお知らせします。

KAIKAのロゴマーク:未開拓領域を花開かせるKAIKA
KAIKAのロゴマーク

JMAでは「個の成長、組織の活性化、組織の社会性」を同時に実現していくプロセスをKAIKAと定義し、2011年から普及活動を行っています。「KAIKA Awards」は、JMAが社会価値を生み出す持続的な経営・組織・人づくりを行っている取り組みを称え、紹介するための表彰制度として2014年度から実施されています。
今回、「KAIKA Awards 2016」において「KAIKA賞」を受賞した日立システムズの取り組みならびに評価ポイントは以下のとおりです。

「KAIKA Awards 2016」において日立システムズの取り組みならびに評価ポイント
受賞名称 「KAIKA賞」
受賞テーマ 日立システムズWayによる継続的なブランド価値向上の取り組み
~満足と感動をもたらす新たな価値を創造しステークホルダーから選ばれる日立システムズをめざして~
取り組み概要 二社合併に伴いスタートした新会社において、継続的なブランド価値向上のための経営の仕組みとして作成されたものが日立システムズWay。顧客視点と従業員意識のギャップを把握し自社を客観視することで、会社の方針と個人の行動、社員同士の意識のズレ等を合わせ、定例ミーティングなど行動指針の浸透を図る仕組みを確立。5年経過した現在は、合併前二社の風土・文化もほぼ統合され、行動指針が浸透し、企業理念や経営ビジョンが具現化し始めている。
評価ポイント ・合併をチャンスとして捉え、合併前から、新会社が会社としてひとつにまとまり、従業員が主体的に動き、社外からのフィードバックにも耳を傾け、企業価値を高めていくための仕組みが、丁寧に組み立てられている。
合併時の一種の盛り上がりで終わらせず、時間が経って風化しない、逆にさらなる価値向上に向けて進化(深化)していくためのしかけも構築されている。
・全社としての視点が社員に浸透され始めているだけでなく、新規事業が生み出させるという成果も出ており、全体と個別、理念と行動がバランスよく取られた取り組みだといえる。

日立システムズは、日立グループが「One Hitachi」として共有する理念、価値である「日立グループ・アイデンティティ」をベースに、従業員基点の経営の仕組みである「日立システムズWay」を推進しています。
日立システムズWayは、企業理念や経営ビジョン、行動指針などのステートメントを全社で共有し、日々の活動がステークホルダーにどのように映っているかを検証しながら、継続的にブランド価値を向上させていく仕組みです。この日立システムズWayを継続的に実践していくことが、社会との価値観の共有につながると考えています。

今後も日立システムズは、日立システムズWayに沿って、従業員一人ひとりが基本と正道にのっとり行動するとともに、スピード感をもって、社会的な課題解決に積極的に取り組みます。そして、多彩な人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによって、お客さまのデジタライゼーションに貢献し、ステークホルダーの皆さまと共に新たな価値を創造し、持続可能な社会の実現に貢献します。

「日立グループ・アイデンティティ」について

日立システムズが推進する「日立システムズWay」について

日立システムズの北野社長による「CSRトップメッセージ」について

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。