ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

日立システムズグループの一体感醸成を目的とした労使共催イベントを開催

国内・海外グループ会社を含めて約1,500名の従業員がミニ運動会・懇親会に参加

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2016年10月31日
株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、今年から新たな中期経営計画がスタートしたことを踏まえ、日立システムズグループ従業員のより一層の一体感醸成を図るため、労使共催の全社イベント「日立システムズ五年場所」を10月29日に両国国技館(所在地:東京都墨田区)で開催し、約1,500名の従業員とその家族が参加しました。

イベントの様子:綱引き

イベントの様子:玉入れ

イベントの様子

日立システムズでは、企業理念、経営ビジョンに基づき、「異なる価値の融合により新たな価値を創造することで真に豊かな社会の実現に貢献すること」をめざしています。また、中期経営計画を達成するためには、ITサービス企業の最も重要な経営リソースである多様な人財の活躍が不可欠だと考えています。
2011年10月に合併し、日立システムズとして新たにスタートしてから5年が経過しましたが、この間に、中国、インド、東南アジア、欧州、北米など幅広い地域でグループ会社が増え、国籍、文化、使用言語など多様な背景を持った人財を内部に取り込むことにより、世界で計29社、連結従業員数は18,000名を越え、急速にダイバーシティに富む企業グループとなりました。

日立システムズグループの多様な人財が、より一体感を持って、幅広いサービスをワールドワイドに提供していくため、このたび、全社イベント「日立システムズ五年場所」を開催しました。今回のイベントを契機に今まで以上にグループ一丸となって、お客さまが抱える経営課題の解決を支援してまいります。

日立システムズは、お客さまの立場に立ち、多彩な人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、お客さまと共に新たな価値を創造してまいります。

ご参考:労使共催全社イベント「日立システムズ五年場所」の概要

日時:2016年10月29日(土) 12:00~17:30
場所:両国国技館
内容:

  1. ミニ運動会(16チームに分かれての対抗戦)
    • 大玉転がし
    • 綱引き
    • 玉入れ
    • 仮装リレー
  2. 懇親会

備考:

  • イベント開催中に以下のアトラクションコーナーも併設
    • すもう体験コーナー
    • 健康増進コーナー
    • 縁日コーナー
    • 盲導犬体験コーナー
    • スポーツコーナー
    • キッチンカー

日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。