ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2016年4月1日
株式会社日立システムズ
代表取締役 取締役社長 北野 昌宏

本日、175名の皆さんを「株式会社日立システムズ」の新たな仲間としてお迎えできたことを、大変うれしく思います。心から歓迎の意を表し、お祝いを申し上げます。

人間の省力化を目的に利用されてきたコンピューターはITへと進化し、ITは社会の効率を上げることを目的にすると同時に、個人・家庭の領域にまで浸透し、私達の生活に欠かせないものになってきています。さらに近年、ITが飛躍的な進化を遂げており、バーチャライゼーション、クラウド、ビッグデータなど、新たなITの活用の拡がりとして注目されています。
こうしたなかで当社は、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーになることをめざし、システムのコンサルティングから設計・構築、導入、運用、保守に至るまで、ITのライフサイクルの全領域で、お客さまの経営や業務をサポートしています。単に製品やサービスを個別に提供するだけではなく、ニーズに対して業種、業務のノウハウを活用したシステム構築力・運用力と、データセンターやコンタクトセンター、ネットワーク、セキュリティ、保守体制など、強みであるサービスインフラを生かし、国内だけでなくグローバルでサービス全体をワンストップで提供することが重要です。

本日は、私から皆さんに3つの言葉を贈ります。
1つ目は、「誰にも負けないスキルを身につけるという目標を常に持ってほしい」ということです。勉強することに加え、素直になり、さまざまな場面でよく考えながら多くのことを吸収してほしいと思います。
2つ目は、「成長してほしい」ということです。人間は常に成長が必要ですので、常に成長するためにチャレンジする気持ちを大切にしてほしいと思います。
3つ目は、「グロ-バルな視野を持ってほしい」ということです。日本を一つのグローバル拠点と捉え、世界中に目を向けてしっかり業務を遂行してほしいと思います。

日立システムズはグローバルサービスカンパニーをめざしています。皆さんを迎えたことで目標への道が縮まることを実感しています。皆さんと実現できることを楽しみにしています。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。