ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2016年4月1日
株式会社日立システムズ
代表取締役 取締役社長 北野 昌宏

日立システムズのさらなる成長へのスタートにあたり、皆さまと一緒に業務に取り組めることに大きな喜びとやりがい、そして責任の重さを感じています。髙橋前社長のリーダーシップと皆さまのご努力によって築かれた事業基盤をベースに、さらなる成長に向けて邁進したいと考えています。

本日これから、社長就任にあたり、私の経営に対する考え方や思い、お願いしたいことをお伝えします。
まず、最もお伝えしたいことは、お客さま視点に立った「Human * IT」を具体的に実現してほしいということです。
多彩な人財と、先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによって、新たな価値を創造していく。当社が設立以来これまでずっと取り組んできたことを、よりお客さまの立場に立って、お客さまとともに、また一歩進化させていただきたいと思います。そして、日立システムズWayに沿って、皆さま一人ひとりが主体的に行動することが、経営ビジョンに掲げている「お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニー」の実現につながると確信しています。

今までIT投資は、お客さまにとって成長のための戦略投資でした。一方、お客さまにとって負担でもありました。つまり、ないと困るが、コストと手間がかかるものでした。しかし近年、IoT、AIに代表される先端テクノロジーは、単なる効率改善ではなく、エンドユーザーに新しい付加価値を提供するための投資として必要なものであるという認識にお客さまは変わってきています。
従って皆さまには、日々変化する世の中やお客さまのニーズを、的確に察知・先取りし、文書化して理解し、行動していただきたいと思います。

ビジネスの変革は、一つの企業とお客さまという1対1の関係だけで成し遂げられるものではありません。お客さまとパートナーをつなぐ、お客さまとお客さまをつなぐ。こうした幅広い関係性の中で、「共に創る」という思いが重要です。
日々変化する時代の中で、当社の強みである業種、業務のノウハウを活用したシステム構築力・運用力と、データセンターやコンタクトセンター、ネットワーク、セキュリティ、保守体制といったサービスインフラをどう生かしていくべきかを考え、お客さまやビジネスパートナーと共に新たな価値の創出に取り組んでいただきたいと思います。

今後もお客さまに一番近い存在として、驚きと感動をもたらす新たな価値の提供をめざして、精一杯取り組んでまいりましょう。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。