ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2015年4月1日
株式会社日立システムズ

ITを取り巻く技術や環境は大きく進化し、それに伴って活用の範囲も急速に広がっている。また、次世代型の社会インフラ構築に向けて、さらなるIT活用への期待が高まっている。
こうしたなかで当社は、これまで培ってきたデータセンター、コンタクトセンター、ネットワーク・セキュリティ、保守サポート体制など、強みであるサービスインフラを生かし、クラウド、グローバル、BPOサービスの3分野、さらに社会インフラ分野を強化し、さらなる成長をめざしたいと考えている。

本日は、私から皆さんに3つの言葉を贈りたい。
1つ目は、「誰にも負けない仕事の上でのスキルを早く身につけ、プロフェッショナルをめざしてほしい」ということである。1つのことを極めると、他の業務に対する視野が広がり、仕事が自然と面白くなってくる。この分野では自分が一番だと誇れるようになるため、常に好奇心や問題意識を持って学んでほしい。
2つ目は、「さらなる成長」をしてほしいということである。「成長」という言葉には、当社の成長、そして皆さん自身の成長という、2つの意味を込めている。自分の殻にこもらず、新たな価値を創造し、会社の成長と、さらなる社会への貢献、そして、皆さん自身の成長をめざしてほしい。
3つ目は、「グロ-バルな視野を持ってビジネスや業務を遂行してほしい」ということである。ビジネスは、もはやグローバル展開が当たり前の時代である。外国語の習得はもちろん、自分の仕事が世界で通用するよう日々レベルアップに努め、世界的な視野を持って、しっかり業務を遂行してほしい。

本日から皆さんは、日立システムズの仲間である。真に豊かな社会の実現に貢献するグローバルサービスカンパニーを、ともに創っていこう。

<ご参考>
2015年4月入社数: 177名

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、住川
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。