ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2015年1月5日
株式会社日立システムズ
代表取締役 取締役社長 髙橋 直也

本年は、いよいよ中期経営計画の最終年度を迎えます。2015年度の売上目標に掲げた5,000億円も視野に入っています。目標達成に向け、当社がこれまで育んできた施策や投資を成果として実らせ、刈り取り、実績に変えることを、全社をあげて進めたいと思います。

本年は、中期経営計画の目標を達成する年であるとともに、この勢いを次へつなげる年です。中期経営計画の達成も、成長の一つの通過点と考えて下さい。これまでの皆さんの努力や取り組みを自信に変え、「お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニー」へとまた一歩近づけるよう、挑戦を続けていきましょう。

昨年まで私は、「枠を超える」取り組みを、皆さんに繰り返しお願いしてきました。本年、私から皆さんにお願いしたいのは、一言で言えば「枠を超えた成長」です。
「成長」という言葉には、当社の成長、そして皆さん自身の成長という、2つの意味を込めています。当社は2011年に新たなスタートを切って以来、お客さまの多様なニーズに応えながら、新たな価値創造に取り組んできました。そして、ITや国境の枠を超え、さまざまなパートナーと連携することにより、事業分野を拡大してきました。本年は、そうした枠を超えた取り組みの集大成として、枠を超えた先にある会社の成長と、さらなる社会への貢献、そして、皆さん自身の成長をめざしてほしいと思います。
当社の強みは、さまざまな技術や専門知識を備えた多彩な人財です。皆さんが成長することにより「Human⚹IT」を掲げる当社のブランド価値が高まり、成長の源泉となります。
今後の社会の変化やグローバル市場の拡大は、皆さんが成長できる大きなチャンスです。本年は、会社とともに、皆さん自身が成長を実感できる年になることを期待しています。そのためにも、成長へのプロセスを明確にし、日立システムズWayに沿ってPDCAを意識した行動をお願いします。

当社がこれまで培ってきたサービスインフラを大いに活用し、常にお客さまに一番近い存在として、時代と共に変化するお客さまのご要望に応え続けていきましょう。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部コーポレート・コミュニケーション部 杉山、住川
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。