ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2014年1月6日
株式会社日立システムズ

本年からは、いよいよ中期経営計画の後半戦です。日本経済の回復という追い風に乗って飛躍の幅を大きく広げ、2015年度の売上目標5,000億を視野に入れたいと思っています。

本年はこれまで培った業種・業務ノウハウや幅広い顧客基盤を生かし、成長エンジンであるクラウド、グローバル、ビジネスサービスのさらなる強化を図り、合わせて、お客さまと継続的な関係を維持できる「フィー型ビジネス」の割合を高めていきたいと考えています。また、新たなチャレンジとして、本年から社会インフラ事業を本格的に展開します。3月に設立する「株式会社日立システムズパワーサービス」を中核に、日立が注力している社会インフラの分野を、ITの側面からサポートしていきます。これらを着実に実行するために、「自らの枠を超える」取り組みをさらに発展させ、社内の各部門や事業部はもちろん、国内外のビジネスパートナーやお客さまと積極的に関わりながら仕事を進める「枠を超えた連携」をお願いしたいと思います。
多様な相手と関わることで、自分の視野や発想が広げ、自部門の中だけでサービスの価値やお客さまの満足度を高めるだけでなく、さらにもう一歩進めて、別のサービスや異なる分野のお客さま、国内外のパートナーに価値をつなげていくことを考えましょう。

頼まれたことをやるだけでなく、自分自身の行動の価値を高める工夫や改善を日々積み重ね、当社をけん引する「価値創造人財」として、日立システムズWayに沿った行動を一人ひとりが実践することにより、当社は大きく飛躍できると確信しています。
お客さまの期待に応え、さらにはその期待を超えていく日立システムズを、ともに創っていきましょう。

報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。