ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

災害復興支援の一環としてICTシステムのデータバックアップ支援を無償提供

~行政機関・病院・企業などのICT システムのデータをデータセンタへ保管~

このニュースリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2011年3月29日
日立電子サービス株式会社

このたびの東北地方太平洋沖地震によって被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして、 心からお見舞いを申し上げます。

日立電子サービス株式会社(以下「日立電サ」、本社:東京都港区三田、資本金:60億円、代表取締役 社長執行役員:百瀬 次生)は、東北地方太平洋沖地震の復興支援の一環として、被災地域の行政機関・病院・企業などを対象とし、日立電サが管理する国内2か所のデータセンタによるSaaS型データバックアップ支援の6か月無償提供を、本日から開始します。

提供開始の背景・経緯

今回の震災によって、社会インフラや建物・設備などに甚大な被害が発生しています。今後もその影響によって、停電が発生したり、行政機関・病院・企業などで、稼働しているサーバやPCなどのICTシステムに不具合が起きたりするなど、重要なデータが消失するリスクが想定されます。災害からの復興とともに、事業を継続していくためには、ICTシステムの重要なデータのバックアップを行い、万が一の場合でもすみやかに回復できるような環境が必要です。このような状況下、日立電サはデータバックアップ支援を無償で提供することにしました。

データバックアップ支援の内容

データバックアップ支援の内容
No. 内容 お申し込み期限 提供期間
1 サーバ向けデータバックアップ支援
(10GBコース)
2011年6月末日
お申し込み分まで
提供開始から
最長6か月間
(原則12月末まで)
2 クライアントPC向けデータバックアップ支援
(10GBコース)
お申し込み受付件数が一定数に達した段階で終了いたします。

お問い合わせ先・お申し込み先

日立災害対応受付センタ
電話番号:0120-2580-93
(受付時間:平日9:00-21:00、土日祝日9:00-17:00)

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
  • お問い合わせ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。