ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズIT資産管理・ライセンス管理 License Guard

PCヘルスチェッカー
PCセキュリティ情報の「見える化」を目的としたツールです。

  • PCヘルスチェッカーとは
  • システム概要
  • 機能一覧
  • 機能特長
  • 価格表
  • 動作環境

PCヘルスチェッカーとは

利用者が自分のPCのセキュリティポリシー情報を専用画面で確認できます。
セキュリティ状態に問題がある場合には、解決方法を設定して誘導します。

こんなお悩みはありませんか・・・?

「PCヘルスチェッカー」がまとめて解決します!

セキュリティポリシー(*1)の自動配布・チェックができます。

  • 社内で決定したセキュリティポリシーを利用者が理解していなくても、各PCに配布されたチェックツールによりセキュリティポリシーに従ったチェックができます。
  • チェックツールは自動/手動どちらでも実行できます。
  • チェックツールの実行結果は専用画面で確認できます。
  • 専用画面の情報は対策が完了するまで消えることはありません。
    利用者が「どこまで対策したか」を常に把握できます。

管理者が利用者PCの状態をWeb画面で確認できます。

  • 管理者は利用者PCのセキュリティ状態や対策状況をWeb画面で確認できます。

設定専用画面からセキュリティポリシーの変更ができます。

  • 設定専用画面からセキュリティポリシーの変更ができるので、管理の手間を軽減します。
*1
WindowsのOSに関する設定、Windowsの更新プログラムに関する設定、不適切なソフトウェアなどについて社内で決定した規程。

システム概要

PCヘルスチェッカーのシステム概要図です。

PCヘルスチェッカー システム概要

機能一覧

PCヘルスチェッカーの主な機能一覧です。

セキュリティ
ポリシー管理
ポリシーグループ設定 セキュリティポリシーを適用するグループを設定する。
ポリシーグループの設定は複数可能。
カスタムポリシー設定 セキュリティポリシーを設定する。
セキュリティポリシーの設定は複数可能。
ポリシー割当 設定したセキュリティポリシーとグループをセキュリティ監査対象部署に割り当てる。
監査結果集計 各マシンで実行したセキュリティ監査結果を自動集計する。
セキュリティ監査結果
(Web画面)
集計したセキュリティ監査結果を管理者がWeb画面で確認する。
セキュリティ監査実行
チェックツール
各利用者PCへ割り当てられたセキュリティポリシーを基に専用のチェックツールを実行し、実際のインストール状況やレジストリ登録状況を確認する。
セキュリティ監査結果
(専用画面)
各利用者PCで実行したチェックツールの結果(「危険」「安全」)を専用画面で表示する。
ライフサイクル 人事異動/組織移動 異動/移動後の情報を既定のフォーマットを使用し、CSV形式で取り込み可能。
CSV取り込み後は、異動/移動後の人事/組織情報を反映した運用が可能。

機能特長

PCヘルスチェッカーの主な機能の特長です。

セキュリティ
ポリシー管理
利用者 セキュリティ
監査実行
チェックツール
利用者PCに対し、設定されたセキュリティポリシーに従ったチェックツールを実行する。
(自動/手動)
自動実行されたセキュリティ監査ツールの結果一覧画面に「危険」と表示されているセキュリティ項目を対策後、当ツールを手動で即時実行し、対策結果を確認可能。
セキュリティ
監査結果
一覧画面
管理者は、利用者PC監査結果の状態が「危険」と表示される状態が改善されるまで当画面を終了できない設定をすることで、セキュリティポリシー違反をしている利用者PCの放置を防ぐことが可能。
管理者 セキュリティ
監査結果画面
部署もしくはユーザーごとの抽出が可能。
(監査結果項目)
PC名/マシン識別ID/利用者/部署/OS/IEバージョン/モデル/製造元/バージョン/監査結果
システム
管理者
ポリシーグループ設定画面/カスタムポリシー設定画面/ポリシー割当画面が操作可能。
マシン管理 所有
マシン
License Guardの一部機能を利用したマシン情報の管理が可能。

価格表

ライセンス

【1】 PCヘルスチェッカー サーバーライセンス(*1) 標準価格
PCヘルスチェッカーサーバー(管理対象マシン100台分のライセンスを含む) 200,000円(税抜)
【2】 管理対象マシン追加ライセンス(*2)およびインベントリ収集ライセンス(*3) 標準価格
ライセンス数(管理対象PC台数) 管理対象マシン追加ライセンス
1~100台 (PCヘルスチェッカーサーバー本体に含む)
101~1,000台 2,000円(税抜)(1台あたり)
1,001~10,000台 1,500円(税抜)(1台あたり)
10,001台~ 1,000円(税抜)(1台あたり)
【3】 サーバーオプション標準価格(1サーバーあたりの価格)
オプション製品名 機能概要 標準価格
インベントリ収集
サブマネージャ
オプション
本部(本社)のPCヘルスチェッカーサーバーとネットワーク接続されていない、拠点で管理されているマシンのインベントリを自動収集する機能です。拠点ごとに必要です。 198,000円(税抜)
*1
「サーバーライセンス」は初回購入時は必須です。
また、本製品の構築は当社SEが実施いたしますため、別途作業費を頂戴いたします。詳細につきましてはお問い合わせください。
*2
「管理対象マシン追加ライセンス」は管理対象マシン全台分必要となります。
*3
「インベントリ収集ライセンス」は、LG-ICS機能もしくはスタンドアロンマシン情報登録ツールを使用して、マシン情報の収集や監視ツールを配布するクライアントの台数分必要となります。

(参考)パッケージごとの情報収集の考え方

  ハードウェア情報 ソフトウェア情報 セキュリティ情報 収集概要
License Guard × セキュリティ項目は収集対象外
PCヘルスチェッカー × セキュリティ項目を中心に収集

ライセンス保守

ライセンス保守価格(初年度より必須)
ライセンス標準価格 × 20% / 年

上記、ライセンス保守サービスでは、次の各サービスが提供されます。

名称 内容
(1)アップデート 本製品のマイナーアップデートの提供(Ver1.x 内に限る)
(2) バグフィックス バグフィックス版の提供

運用サポート・ヘルプデスクサービス

管理者ヘルプデスクサービス

管理者のお客さま向けの障害解決、機能説明、保守サービス対象製品の利用に関する技術サポートサービスです。
インシデント数は1年10件までで、正副2名*での対応となります。
対応時間帯は、平日9時から17時(土・日・祝日は除く)でメールまたはFAXでお問い合わせいただきます。

価格(税抜)
管理者ヘルプデスクサービス 360,000円/年・10インシデント
*
インシデント追加オプションもございます。別途ご相談ください。

動作環境

サーバー環境、およびクライアント環境とも対応言語は日本語のみとなります。

サーバー環境

  OS/DB名称 SP 動作CPU
OS日本語 Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 x64
Microsoft Windows Server 2012 - x64
Microsoft Windows Server 2012 R2 - x64
DB日本語 Microsoft SQL Server 2008 R2(*1)
Microsoft SQL Server 2008 R2 Express(*2)
SP3 x86/x64
Microsoft SQL Server 2012(*3) SP2 x86/x64
Webサーバー Microsoft IIS7.5 / Microsoft IIS8.0 / Microsoft IIS8.5
前提ソフトウェア Microsoft .NetFramework2.0 SP2 または 2.0 SP2 を内包している上位のバージョン
Internet Explorer(IE) IE8.0以上(*4)
*1
Compact Edition / Developer Edition は除きます。
*2
クライアント2,000 台までに限り対応可能です。
SQL Server 2008 R2 Express Edition のシステム要件、および使用許諾契約書を事前にご確認いただいたうえで、ご利用ください。
*3
Business Intelligence Edition / Developer Edition / Web エディションは除きます。
*4
「互換表示」の設定を前提とします。

サーバー推奨スペック(*1)(*2)

  ~500台 ~1,000台 ~3,000台 ~5,000台 ~10,000台 ~30,000台
CPU Pentium4 2GHz 以上 Quad-Core Intel Xeon 2.66GHz 以上 6Core Intel Xeon 2.93GHz 以上
メモリ 4GB 以上 6GB 以上 8GB 以上 24GB 以上
HDD空き容量 8.1GB 13.3GB 33.9GB 54.6GB 106.3GB 312.9GB
その他 DVD-ROM ドライブ、LAN ポート×1 が必要(100Base-T 以上を推奨)
*1
バックアップ装置バックアップソフトウェアは、お客さまの運用に合わせてご準備ください。
*2
30,000台以上、もしくはWebサーバーの分散構成をご希望の場合はお問い合わせください。

対応クライアント環境

OS Microsoft Windows Vista(x86/x64 対応)
Microsoft Windows 7( x86/x64 対応) (※1)
Microsoft Windows 8( x86/x64 対応) (※1)
Microsoft Windows 8.1( x86/x64 対応) (※1)
Microsoft Windows 10( x86/x64 対応) (※1)
上記以外のOS(Macintosh / Unix / Linux も含む)対応については、お問い合わせください。
Internet Explorer(IE) IE8.0以上(*1)
*1
「互換表示」の設定を前提とします。

ネットワーク

サーバーとクライアント間においてHTTP 通信できることが前提となります。

IT資産管理・ライセンス管理 License Guardをご検討のお客さまはこちら

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

IT資産管理・ライセンス管理ならLicense Guard(ライセンスガード)。複雑で手間のかかるPCやソフトウェアライセンス管理の効率化を実現。しかも、Webベースなので全社規模での管理徹底が容易に行えます。