ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ 生産管理・販売管理システムのFutureStage|日立システムズ

オプション

在庫の見える化により 直感的に問題点を把握できます。

在庫管理を「可視化」することで、問題在庫の早期発見、在庫適正化の進み具合の見える化などを実現します。

在庫可視化  機能特長

  • 在庫可視化オプションは、株式会社日立ソリューションズ東日本のSynCAS PSI Visualizerを活用しています。
  • 在庫推移を可視化することで、誰にでもわかりやすい視覚的な管理が行えます。
  • 全社在庫から製品単位までドリルダウンすることができ、在庫推移がワンクリックで確認できます。
  • 在庫推移を見える化(可視化)することで、過剰気味・欠品気味などの問題や傾向を容易に発見できます。
  • 問題在庫の発生を気付かせるアラート機能を備えています。

在庫可視化  機能詳細(利用イメージ)

FutureStageに登録された入出荷・在庫情報をグラフィカルに表示するこで、問題点を直感的に把握することができます。安全在庫数の基準値を販売傾向や出庫傾向に基づき計算し、発注量と発注タイミングを動的にコントロールすることで、過剰在庫や欠品を抑止します。さらに、「在庫の基準値が高い」・「在庫に動きがない」など、確認したい状況ごとに製品を絞り込み、在庫状況に応じたアラートを管理者に表示することで在庫の適正化を支援します。

レポート連携イメージ

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

イベント・セミナー

2017年7月28日(金)
コクヨ品川オフィスにて開催します。

東京、大阪で無料個別相談会を毎週実施しています。
本社(東京):毎週水曜日
関西支社(大阪):毎週金曜日

日立グループの業務改善ノウハウをもとにお悩みにお答えします。
本社(東京):7月25日(火)・8月2日(水)

自動車部品業向け生産管理システム

金属加工業向け生産管理システム

一般機械製造業向け生産管理システム

FutureStage クラウド型ソリューション

FutureStage クラウドSaaS型

動画ライブラリ

業務に役立つノウハウ集 ホワイトペーパー無料ダウンロード

製品取り扱い・ソフトウェア パートナーのご案内

生産管理・販売管理の用語集

失敗事例から学ぶ基幹業務システム構築講座 コラム

テレビ・Web・新聞・雑誌 メディア掲載情報

セミナー・イベント最新製品情報 メールマガジン

ERPソリューション

kintone(キントーン)

「TENSUITE」「e-RetailSeries」は、2013年4月に「日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage」に統合いたしました。
FutureStageは企業の“強み”をさらに伸ばし、めざすべき未来のステージへより早く、より確実にビジネスを進化させていく、日立グループが提供する製造・流通業向け基幹業務ソリューションの統一ブランドです。