ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

日立システムズWayで掲げている事業ブランド「Human*IT」に基づき、多彩な人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のITサービスを通じて、お客さまと社会のニーズに応え、持続可能な社会の実現に率先して貢献することが、日立システムズのCSRです。
社会環境が大きく変化する中で顕在化してきた課題に対し、当社は「基本と正道」にのっとり、さまざまなステークホルダーの視点で考え、行動することにより、新たな価値を創造し、解決を図っていきます。

CSR概念図

CSR概念図

企業理念

当社は、業界の先駆的企業としての経験と誇りを以って、 情報技術・製品・サービスの開発と提供を通じ、真に豊かな社会の実現に貢献する。
また、人の持つ無限の可能性と人間性を尊重し、 お客さまに一番近い存在として、満足と感動をもたらす新たな価値を創造する。

経営ビジョン

世界につながる人財と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスを創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーになる。

事業ブランド「Human*IT」

Human*IT

どんなITシステムも、それだけでは十分に機能しません。
人の知恵や情熱と融合することで、はじめて性能が引き出されます。

人とITのチカラで、驚きと感動のサービスを。

多彩な人財と、先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによって、新たな価値を創造していく。
このような思いを「Human*IT」に込め、日立システムズは、国内外を問わず幅広いニーズに応えていきます。

日立システムズ行動規範

第1章 誠実で公正な事業活動

1.1 高品質で安全性の高い製品・サービスの提供
1.2 営業活動
1.3 調達活動
1.4 日立ブランドの尊重
1.5 技術者倫理の遵守

第2章 環境の保全

2.1 環境経営の推進
2.2 環境に配慮した事業活動・環境管理の推進
2.3 ステークホルダーとの対話

第3章 社会との関係

3.1 企業情報の開示
3.2 地域社会への貢献
3.3 政治・行政との関係
3.4 反社会的取引の防止
3.5 贈物・接待などについて
3.6 各国・各地域の文化・慣習の尊重と法令遵守

第4章 人権の尊重

4.1 人権の尊重に向けて
4.2 差別の撤廃
4.3 情報管理にともなう人権の尊重
4.4 労働における基本的権利の尊重

第5章 経営基盤

5.1 情報の管理と利用
5.2 内部情報の利用とその留意点
5.3 会社資産の管理と保全
5.4 従業員の力を引き出す環境の整備
5.5 輸出入関連法令の遵守

第6章 行動規範の遵守の仕組み

6.1 ルールの徹底
6.2 自己チェック
6.3 内部通報制度

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。