本文へジャンプ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。

株式会社日立システムズ

Hitachi

主な実施項目と目標・計画

日立システムズグループは、日立グループCSR活動取り組み方針に基づき、テーマごとの目標・計画を設定し、PDCA(計画・実行・評価・改善)のサイクルを回してCSR活動を推進しています。

★★★目標達成 ★★目標一部達成 ★目標未達成

PDFはこちらをご覧ください。

お客さま

CS向上

CS向上
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
CS推進モデルの構築 全社CS向上会議の立ち上げ、「品質」、「商品力」、「提案力」のワーキンググループを設立 ★★★ CS推進モデルの理解推進、日立システムズのアンケートを実施(配布1,000社、回収率90%)
独自アンケートの整理/統合によるCS評価とマーケティング活動 第1回の「日立システムズ お客さまアンケート」を実施(配布928社、回収850社、回収率91.6%) ★★★

品質向上

品質向上
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
パッケージの品質改善 「品質マップ」の活用による品質改善 ★★ パッケージ品質のさらなる向上
運用事故防止のために稼働維持フェーズを改善 「導入フェーズゲート」を作成 ★★★ 運用におけるSE起因事故の防止
事故分析力向上と再発防止策実査による定着 QF(Quality First)マインド向上およびe-ラーニング活用による事故再発防止 ★★★ 「落穂拾い」教育による事故分析力向上と再発防止策実査による定着の継続
基本動作不遵守による保守作業起因事故の撲滅 基本動作・手順遵守の意味や目的の理解定着活動、
ワーキンググループ立ち上げによる基本動作・手順の改善(作業ミス起因事故は0.3件/月)
★★ 保守サービスの品質向上

従業員のCSマインドの向上

従業員のCSマインドの向上
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
CS意識の浸透・定着 社員のUX(User Experience)とCS意識の浸透・定着から「UXミーティング」を実施(2回開催130名参加) ★★★ CS意識の啓発活動推進
お褒めの言葉の共有によるCSマインドとESの向上、お客さまからの「褒められ事例」を全社員で共有 社内イントラに情報を掲載 ★★

従業員

従業員のCSR意識向上

従業員のCSR意識向上
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
本業とCSRのつながりを認識させる浸透策の実施 CSRを広く理解するためにCSRワールドカフェを開催 ★★★ 対話型コミュニケ-ションの整備

CSR活動の基盤確立

CSR活動の基盤確立
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
CSR中期計画とマテリアリティの策定 CSR推進交流会メンバーを中心に「CSR3カ年ロードマップ」を策定
お客さまやお取引先などにアンケートを実施し「マテリアリティ」を策定
★★★ CSR3カ年ロードマップとマテリアリティを活用しCSR活動の継続
ステークホルダーダイアログ開催 ★★★ ステークホルダー・ダイアログ継続開催

戦略的広報・情報発信

戦略的広報・情報発信
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
社外Webサイトを利用したCSR情報発信 社外公式WebサイトのCSRページを一新 ★★★ 「動画でわかるCSR活動」を作成し、社内外に展開
社内向け情報発信の強化 社内報に「イマドキ!サステナビリティ」を連載したほか、CSR・社会貢献活動・環境活動の情報を掲載 ★★★ 社内報に「事業を通じた社会への貢献」事例集掲載

人財の育成

人財の育成
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
若手社員・職種別営業、SE、ACE/FSE教育の実施 営業教育体系見直し、SE/CE提案力・コンサル力強化、スキル拡大教育を実施(のべ4,650名受講) ★★★ 若手社員、職種別育成施策拡充(モノづくり実習導入、研論の再構築、営業教育の新体系、SE質的向上など)
新人~5年目、各年次の職種別・職種共通各教育を計画どおり実施(のべ1,425名受講) ★★★
グローバル人財育成教育の実施 新人・若手・中堅層を主体とする国内・海外研修、スキル・マインドのボトムアップ教育を推進(のべ2,609名受講) ★★★ グローバル人財の育成施策拡充(グローバルリーダー選抜教育など)

ダイバーシティ・マネジメントの推進

ダイバーシティ・マネジメントの推進
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
女性活用施策推進の継続 事業部代表からなる「カウンシル」を設立・運用 ★★★ 女性活用施策の推進を継続、女性社員の意識向上施策の展開
外国人活用施策推進の継続 2013年新卒採用のうち、18名(9%)が外国籍 ★★★ 外国人活用施策推進の継続(新卒採用の約10%)
グローバル教育の実施 新人からマネジメント層まで、各階層に対するグローバル講座、実務リテラシー教育を実施(のべ2,452名受講) ★★★ グローバル・ボトムアップ施策拡充

従業員満足度(ES)向上

従業員満足度(ES)向上
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
仕事や会社生活に関する従業員の意識調査の実施 従業員アンケートを実施(回答率82.9%)、対策検討および施策の公開 ★★★ 従業員アンケートの継続

労働環境改善

労働環境改善
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
長時間労働の改善 平均年休行使日数:13.43日、時間外労働実績:28.9時間/人月 ★★ さらなる長時間労働の改善を実施、ワークライフバランス施策利用促進継続、社内コミュニケーションの推進継続、長残健診の受診徹底、罹病率の低減、各種健康診断100%受診の徹底と有所見者のフォロー強化。また、これらを通じて、従業員が働くことに喜びを感じ、前向きに業務に向き合うことができるよう、職場の雰囲気の変革を図る
ワークライフバランス施策の利用促進 介護休職:7名/年、介護短時間勤務:3名、育児休職:158名/年(内男性4名)、育児短時間勤務:295名/年(内男性4名) ★★★
社内コミュニケーションの推進 大崎地区ファミリーデイの実施(約100名参加)、労使共催の全社イベント実施(約7,500名参加) ★★★
保健師体制の強化、
メンタルヘルス対策の推進による罹病率の低減
保健師体制強化(17名体制)
健康管理講演会、メンタルヘルス研修の開催、罹病率0.89%
★★

人権問題への対応

人権問題への対応
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
人権啓発活動の推進 HIPLUS教育、管理職人権研修(3月末86% 2013年度上期100%予定)
当社としてリスクの高い人権・労働慣行について、ISO26000による活動の棚卸しと課題抽出、人権勉強会の実施
★★★ 人権啓発活動の推進継続

お取引先

CSR調達に対する意識向上

CSR調達に対する意識向上
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
調達関連業務向けの遵法教育 委託検収責任者を中心に実施 ★★★ 全社員へのCSR調達教育内容検討・整理、教材作成

海外調達の体制整備

海外調達の体制整備
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
日立グループの管理ノウハウの調査 日立グループとの情報交換の実施 ★★★ オフショア先の現状把握
中国・東南アジアの現地ベンダー情報収集 現地調達の拡大、日立グループとの連携 ★★★

グループ企業のCSR意識向上

グループ企業のCSR意識向上
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
調達方針の周知徹底 日立システムズグループの調達連絡会の実施 ★★★ 連絡会での議論などを通したノウハウの共有

地域・社会

当社らしいCSR活動(本業とCSRの融合)の拡大

当社らしいCSR活動(本業とCSRの融合)の拡大
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
社会課題解決型ソリューションの発掘と啓発 福祉における社会的な課題を基点にITソリューションを考えるCSRワークショップを開催
被災地復興のための新規ビジネスを考えるCSRワークショップを開催
★★★ 社会課題解決型ソリューション提案の喚起(事業提案の要件への社会貢献視点の織り込み)オフショア先での情報収集とCSR理解促進
海外の情報収集 人権・労働慣行の海外事例を収集 ★★★

コミュニティ・NPO/NGOとの連携による地域・社会貢献活動の拡大

コミュニティ・NPO/NGOとの連携による地域・社会貢献活動の拡大
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
地域ごとの活動継続  社会貢献推進方針の策定
社会貢献活動の判断基準の作成
★★★ 地方自治体、NPO/NGOと連携した取り組みの拡大

環境

環境適合製品の拡大

環境適合製品の拡大
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
評価対象製品の選定とアセスメントの実施 アセスメントの実施(コンタクトセンタサービスを登録) ★★★ アセスメントの拡大実施(目標:売上高比率65%)

「あんしんの森」の継続運営

「あんしんの森」の継続運営
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
生態系保全と環境ボランティア活動のフラグシップ活動として位置付け、社内にPR 5月:通路整備(7名)、7月:自然観察・木工教室(113名)、12月:クリスマスリースづくり(84名) ★★★ 「あんしんの森」の活動内容ブラッシュアップ

各種環境ボランティア活動の推進

各種環境ボランティア活動の推進
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
清掃活動の参加人数の増加、自治体などのグリーン活動への参加 事務所周りの清掃、ビーチクリーン、河川敷の清掃活動実施、日立製作所や自治体などのクリーン活動に参加(計1,944名参加) ★★★ 環境ボランティア活動の推進継続

環境マネジメントシステムの充実

環境マネジメントシステムの充実
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
グループ全体で統合認証の取得
自社およびグループ会社の環境法令遵守を支援
EMS(Environmental Management System)への統合に向けた準備
日立システムズグループ7社で統合認証を取得
内部監査時に、自社およびグループ会社への廃掃法関連支援実施
日立製作所情報・通信システム社のEMSの統合に向けてのマニュアル整備、内部監査受査
★★★ EMSの充実と環境コンプライアンスの強化

環境活動レベルの向上

環境活動レベルの向上
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
グループ全体で統合認証日立グループ共通の評価システムの目標をクリア 目標グリーンポイント(GP)のクリア(目標値475GPに対し、552GP) ★★★ 目標グリーンポイントのクリア(目標値565GP)

コンプライアンス・ガバナンス

コンプライアンスマネジメントの徹底

コンプライアンスマネジメントの徹底
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
監査項目の見直し・拡充と監査等の実施 営業コンプライアンス監査の実施 ★★★ グローバルコンプライアンス体制の確立
談合・贈収賄・汚職などの教育徹底 日立システムズグループの全営業部署を対象に実施(245部署:受講率100%) ★★★
輸出管理体制の強化 輸出管理新体制、新運用の定着と運営管理者などへの教育の実施 ★★★ 輸出管理意識の定着を目的とした教育、監査の実施

情報セキュリティ強化

情報セキュリティ強化
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
サイバーセキュリティの整備強化 標的型攻撃メール訓練を実施(21,593名が参加) ★★★ 新たなサイバーセキュリティ対策/ヒューマンエラー撲滅に向けた有効な施策の実施と、日立システムズグループ内周知徹底
情報セキュリティ事故撲滅施策の強力推進 HIPLUS教育 18,938名(受講率:100%)、PMS(個人情報保護)情報資産管理者教育470名/360名(131%)、自己監査(情報セキュリティ/個人情報) (360部署:100%)、監査(個人情報) (360部署:100%)、個人PC点検 20,432名、社内広報・注意喚起(5回/年) ★★★

グループ会社のコンプライアンスレベルアップ

グループ会社のコンプライアンスレベルアップ
2012年度 2013年度
計画 実績 評価 目標
アンケートや監査を実施 グループ会社連絡会議(1回/3カ月)での状況の共有を実施し、あわせて改善点をフォロー ★★★ グループ会社の規則類の管理精度の向上

CSR情報

  • トップインタビュー
  • CSRに対する考え方
  • 事業を通じた社会への貢献
  • CSRの実践
  • CSR TOPICS
  • ステークホルダー・ダイアログ
  • 活動ハイライト 2013
  • 主な実施項目と目標・計画
  • CSRを支える基盤
  • お客さまとともに
  • 従業員とともに
  • お取引先とともに
  • 社会貢献活動
  • 災害復興支援
  • 環境とともに
  • 第三者意見
  • 編集方針
  • GRIガイドライン対照表
  • CSR報告書ライブラリー

アンケートはこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。