本文へジャンプ

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。

株式会社日立システムズ

Hitachi

CSRを支える基盤

日立システムズグループは、多彩な人財と、先進の情報技術を組み合わせたITサービスを通じて、お客さまや社会の持続可能な発展に貢献するさまざまな活動に取り組んでいます。そうした企業の社会的責任の基盤として、適切な経営体制を実践するコーポレート・ガバナンスやコンプライアンス、事業継続を図るリスクマネジメントやBCPの策定・運用に取り組むとともに、品質保証や情報セキュリティ管理、さらには知的財産権の管理や人権配慮を推進しています。

CSRマネジメント

「CSRに関する基本的な考え方」から、その推進体制、重点活動テーマ、具体的な活動などを報告しています。

詳しくはこちら

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの基本方針や推進体制、内部統制システムなどについて報告しています。

詳しくはこちら

コンプライアンス

“基本と正道”の精神に則ったコンプライアンスの基本方針から、コンプライアンスに関する教育・研修、内部通報制度の設置、リスクマネジメントの整備の現状などについて報告しています。

詳しくはこちら

BCPの策定・運用

社会インフラとしてのITを提供している当社の責任として、さまざまな災害・事故・感染症などに対するBCP(事業継続計画)を策定しています。

詳しくはこちら

情報セキュリティ/個人情報保護

ISMS体系に準じた管理体制を敷き、継続的に情報セキュリティ教育による意識向上に努めるとともに、個人情報保護体制を厳格に整備しています。

詳しくはこちら

品質保証

毎年「品質保証重点項目」を制定し、一層の品質向上に取り組むとともに、品質管理システムの構築や顧客の安全対策など、品質向上に関するさまざまな施策を行っています。

詳しくはこちら

知的財産権

日立システムズ行動規範に則って知的財産権を積極的に出願・取得する一方、他社の権利を侵害しないように事前の調査を実施しています。

詳しくはこちら

人権の尊重

差別の撤廃はもちろん、情報管理に伴う人権や労働における基本的権利を尊重することを徹底するとともに、専門組織を設置して人権啓発を行っています。

詳しくはこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。