ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

株式会社ワークスアプリケーションズ様

クラウド向け統合運用サービス

株式会社ワークスアプリケーションズ様

株式会社ワークスアプリケーションズ様 クラウド向け統合運用サービス導入事例

お客さまの声
ビジネスモデルの革新を支えるITソリューションサービス
ERPパッケージ「COMPANY」「HUE」のクラウド化を支援する、「クラウド向け統合運用サービス」

ロゴ

株式会社ワークスアプリケーションズ様(以下、ワークスAP様)は、「COMPANY on Cloud Managed Service(以降、CCMS)」の運用パートナーに、日立システムズを選定しました。

「CCMS」は、ERPパッケージ「COMPANY」のプラットフォームをクラウド上で提供することにより、お客さまの情報投資効率をさらに高めることを目的としたサービスです。パブリッククラウド(Amazon Web Services、Microsoft Azure)を活用し、そのパフォーマンスを最大限に引き出す運用自動化ツールを独自開発することで、アプリケーションからインフラ、運用業務まで、ERPのクラウド運用に必要なサービスをワンストップで提供されています。

ワークスAP様は、「CCMS」のリリースに続き、2015年にはクラウドネイティブな世界初(ワークスAP様調べ)の人工知能型ERP「HUE」をリリースするなど、前例のない取り組みをスタートさせています。日本企業の情報投資効率(ROI)を世界レベルへ──。この企業理念に基づく、ワークスAP様の大いなる挑戦を、日立システムズは「クラウド向け統合運用サービス」の提供により支援しています。

「COMPANY」は革新的なコンセプトでシェアNo.1※1、顧客満足度97.7%※3

ノーカスタマイズ

さまざまな業種・業態の要件を標準機能として取り込んでいるため、ノーカスタマイズで導入が可能。

無償バージョンアップ

法律、税制、テクノロジー、ビジネストレンドなど、あらゆる変化に無償で対応。

  • ※1 2010年度~2014年度 市場占有率推移(パッケージ市場) 販売社数シェア 株式会社富士キメラ総研 「ソフトウェアビジネス新市場 2011-2015年版」
  • ※2 ワークスAP様調べ
  • ※3 期間 2014年1月~2月 ワークスAP様実施の調査結果に基づく

“ERPパッケージのクラウド化”に向けた、画期的な取り組み

ワークスアプリケーションズ様向け 「クラウド向け統合運用サービス」の提供イメージ

「CCMS」は、ワークスAP様の高い技術力と、クラウドのメリットが最大限に生かされたシステム構成となっています。パブリッククラウドの活用と、運用作業の高度な自動化により、情報投資効率を高める工夫が随所に施されています。また、導入ユーザーが「COMPANY」環境に接続しなくても運用が可能なシステム構成にすることで、導入ユーザーのデータをよりセキュアに守ることが可能になりました。日立システムズは、「CCMS」の独創的なシステム構成を理解し、24時間365日体制の障害通知監視をはじめ、ワークスAP様向けにカスタマイズされた運用サービスを提供しています。迅速な復旧対応が可能な体制を実現することで、「お客さまの業務を止めない」という「CCMS」のポリシー順守に貢献しています。

日立システムズの「クラウド向け統合運用サービス」

クラウド環境の構築から運用・保守、BPOまでトータルサポート。
お客さまのビジネスプランを実現に導きます。

日立システムズの「クラウド向け統合運用サービス」は、クラウドやオンプレミスなど環境の違いを問わず、お客さまのビジネスニーズにフィットするIT基盤の構築・運用・保守までをトータルにサポートします。24時間365日体制のコンタクトセンターなど、日立システムズの豊富なビジネスインフラを組み合わせることで、IT業務にとどまらず、幅広い業務課題に対してお応えすることができます。

高いIT技術力でマルチベンダー環境にも対応

20年以上にわたる日立グループのソフトウェアサポートで培ってきたノウハウ、技術力をベースに、1,000名以上の技術者がサービスを提供します。また、協力企業との緊密な連携により、クラウドやオンプレミスなど環境の違いを問わず、マルチベンダー環境下のIT管理にも対応します。

豊富な運用ノウハウを生かしオーダーメイドのサービスを提供

手順書どおりの運用代行はもちろん、長年のITサポート業務で培った運用ノウハウや、クラウドへの知見を生かし、お客さまのニーズに則した提案を行うことができます。さまざまなサービスを組み合わせ、お客さまのニーズにワンストップで応えるオーダーメイドのソリューションを提供します。

ITサポートに強みを持つソリューションサポートセンター

「見える化」「仕組み化」「文書化」など、ITサービスベンダーならでは業務改善アプローチで、クラウド運用をはじめとするITサポート業務に強みを発揮します。高いITリテラシーを必要とするサポート業務は、日立システムズのソリューションサポートセンターにお任せください。

株式会社ワークスアプリケーションズ様 インタビュー

日立システムズの「クラウド向け統合運用サービス」のご利用を通じてお感じになられた、“印象に残ったサービス対応”や、“日立システムズの強み”について教えてください。


CCMS 事業責任者
株式会社ワークスアプリケーションズ
BPO Div.
シニアゼネラル・マネージャー
荒川康彦氏

ビジネスモデルへの理解に基づく、柔軟なサービス開発力に満足しています

● 荒川氏: 「CCMS」は、一般的なシステムとは全く異なる運用業務を必要とします。そのため、サービスメニューが固定されているシステム運用サービスでは業務をカバーできず、こちらの意図する形で協力会社さまに協力をお願いできないという悩みがありました。
その点、日立システムズは、当社で考えた独創的な運用方法を深く理解し、サービスメニューをオーダーメイドに近い形で、ゼロから構築し、私たちの要望に見事に応えてくれました。
これが実現できる背景には、クライアントのビジネスに対する深い理解があるのだと思います。
「CCMS」は、既存のITインフラサービスとは大きく異なる、画期的な料金体系でサービスを提供しています。私たちのビジネスモデルや理念に対する深い理解やコミットがあるからこそ、技術と価格の両面において、こちらの要望を満たすサービスを提供できるのだと思います。
顧客ニーズを的確に把握できるヒアリング力、そして、顧客ニーズに対する提案力と柔軟なサービス開発力に満足しています。今後も手厚いサポートを期待しています。


CCMS 運用責任者
株式会社ワークスアプリケーションズ
BPO Div.
クラウドソリューショングループ
ゼネラル・マネージャー
小池隆浩氏

グローバルなサポートなどサービスレイヤーの広さに今後も期待しています

● 小池氏: 日立システムズのサービスレイヤーの広さには期待をしています。現在お願いしている業務は、お客さまの「COMPANY」サーバーに障害が発生した際の一次対応と復旧作業ですが、今後は、新規のお客さまのクラウド環境構築など、より広い範囲で業務をご担当いただき、 「CCMS」の普及を加速させていきたいと考えています。
特に、グローバルサポートに関しては当社サービスとの親和性が高いのではないかと考えています。当社はグローバル展開も積極的に行っていますが、海外のユーザーさまの場合、ユーザーサポートにおいて言語や時差の問題が発生するため、現状のヘルプデスクの提供体制をさらに改善していく必要があると感じています。
また、日立システムズは海外に複数の拠点を持っており、国際ネットワークの構築にも対応可能とのことですので、グローバルサポートをはじめ、「CCMS」の発展にあわせた連携には、さまざまなメリットが生まれるのではないかと期待しています。


CCMS 運用担当者
株式会社ワークスアプリケーションズ
BPO Div.
クラウドソリューショングループ
目黒立真氏

日立グループのサポートはCCMSに対するお客さまの安心感にも繋がっています

● 目黒氏: 以前、「CCMS」のお客さま対応フローに関して、日立システムズに手順を策定していただいたことがありました。細かな部分まできちんとブレイクダウンされた手順書を提供いただいたおかげで、当社の運用メンバーがなんの不安もなく作業に従事できたということがありました。現在では、当社が作成した手順書を、さらに汎用的な内容になるよう精査していただく作業もお願いしています。ドキュメント化、標準化など、ビジネスプロセスの構築に関する日立システムズのノウハウは抜きん出ていますので、「CCMS」の運用プロセスがさらに洗練されたものになるよう、引き続き支援をいただきたいと思います。
なお、当社では、「CCMS」障害発生時の一次対応を日立システムズが行っていることをお客さまに明示しています。というのも、日立グループが24時間365日体制で、お客さまの「COMPANY」環境の安定運用をサポートしているという事実は、サービスの安心感につながると考えているからです。日立ブランドの信頼感は、当社サービスの普及という面でもよい効果をもたらしてくれていると思います。

お客さまの概要

ワークスアプリケーションズロゴ

株式会社ワークスアプリケーションズ

設立
1996年7月
資本金
3,626,506千円
従業員数
3,907名(連結 2015年6月末時点)
代表者
代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸
事業内容
大手企業向けERPパッケージソフト「COMPANY」および「HUE」の開発・販売・サポート
URL
http://www.worksap.co.jp/

今回の取材にご協力いただいたお客さま

株式会社ワークスアプリケーションズ
BPO Div. シニアゼネラル・マネージャー 荒川 康彦 氏
BPO Div. クラウドソリューショングループ ゼネラル・マネージャー 小池 隆浩 氏
BPO Div. クラウドソリューショングループ 目黒 立真 氏

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2016年5月時点の情報です。
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連商品「クラウド向け統合運用サービス」をご検討のお客さまはこちら

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

  • 商品をご検討のお客さまはこちら
  • お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)
  • このページのURLを送る

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。