ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

SFPダイニング株式会社様

モバイル給与明細配信サービス

SFPダイニング株式会社様写真

お客さまの声
パート・アルバイトを含む、従業員約7,000名の給与明細をデジタル配信。
管理部門の工数を削減し、飲食店チェーンならではの業務課題を解決。
導入前の
課題1
店舗スタッフと店長の勤務シフトが合わず、給与明細をスムーズに手渡すことができない
導入後の
効果1
給与明細のデジタル配信により、毎月の給与明細をタイムリーに、確実に、もれなく配信することができた。
導入前の
課題2
印刷、封詰め、配送先店舗ごとの仕分けなど、給与明細の配送に、多大な作業工数がかかっている
導入後の
効果2
給与明細データを、インターネットを通じて自動配信。 4名で丸一日かけていた作業を数十分に削減。
導入前の
課題3
給与明細とあわせて渡している、従業員向けの店舗利用割引クーポンもあわせてデジタル化したい
導入後の
効果3
独自帳票のデジタル配信にも対応しているため従来運用を継続することができた。

「磯丸水産」「鳥良」などの飲食店を経営するSFPダイニング株式会社様(以下、SFPダイニング様)は、約7,000名の従業員への給与明細の配信に、日立システムズの「モバイル給与明細配信サービス」を採用した。シフト制で勤務する店舗スタッフへの給与明細の手渡しなど、店長の業務負担の課題を解決。さらに給与明細配送にかかる工数を大幅に削減することで、今後の店舗拡大、従業員増加にも対応可能な業務基盤を構築できた。

導入の目的

従業員に給与明細をスムーズに手渡せない。飲食店チェーンならではの課題を解決したい。

 「磯丸水産」「鳥良」などの飲食店を経営するSFPダイニング様は、パート・アルバイトを含む店舗スタッフの給与明細配送に課題を抱えていた。例えば、給与明細は店長から手渡しで行われてたが、店長とスタッフの勤務シフトが合わず、スムーズに明細を渡せないなどのケースが多々発生していた。特に、24時間営業の店舗や、50名以上のスタッフを抱える大規模店では問題が顕著で、これら課題を解決するため給与明細のデジタル配信が検討されることになった。

選定のポイント

給与明細とあわせたクーポン配布への対応と、大規模な企業への導入実績を評価

導入検討において、機能面で必須の要件とされたのが、給与明細とあわせて紙で配送されていた従業員向けの店舗利用割引クーポンのデジタル配信だった。モバイル給与明細配信サービスでは、給与明細以外の独自帳票の電子化にも対応しているため、この必須要件は難なくクリアすることができた。
機能面のほか、7,000名規模の従業員への配信に対応できるかなど、サービス提供体制も精査し、大手企業を含む120社を超える導入実績が高く評価され、モバイル給与明細配信サービスの導入が決定した。

システム導入効果

各店長から業務負担が減ったとの喜びの声が。本部の作業負担も劇的に軽減。

運用後、真っ先に良い反応があったのは各店店長様からだったという。「広範囲に業務をこなす店長にとって、給与明細の心配事がなくなったことは大きかったようで、感謝の声がたくさん寄せられました」(人事部・臼井氏)。
また、管理本部においては、これまで4名がかりで丸一日かけて行っていた給与明細の印刷、封詰め、配送先店舗ごとの仕分けなどの作業が、わずか数十分で完了するなど、劇的な作業効率化が実現している。また、これまでの紙の給与明細では、各店舗に配送された後の管理責任は店舗に委ねられていたが、配信後の給与明細の閲覧有無などが管理本部でも把握できるようになり、情報管理が強化されたことも大きな導入メリットとなった。

今後の展望

これからもさらなる店舗拡大により成長を実現していきたい。

SFPダイニング様は、これからも店舗の拡大を予定しているが、それに伴う従業員の増加に対し、従来の紙の給与明細配送では作業工数の面で現状の体制では対応しきれないと感じていた。しかし、モバイル給与明細配信サービスの導入により、従業員が増加しても給与明細の配信にかかる作業量はほとんど変わらないため、さらなる店舗拡大、従業員増加に対応可能な業務基盤を構築することができた。SFPダイニング様は、こうした業務基盤を活用し、今後も成長を継続していきたいと展望を語った。

SFPダイニング株式会社様の声

店舗への導入・定着をスムーズにするため、最大限の努力をしていただきました。

店長向けの操作説明会をはじめ店舗への導入をスムーズにするためにご尽力いただきました。利用者の特性を理解し、最大限の努力をしていただいたことに大変感謝しています。
飲食業界は店舗運営が主となります。業界の常として管理部門は少数の人材で運営していくことが求められます。他業界はもちろんですが、飲食業界こそ給与明細のデジタル化に踏み切る価値があるのではないでしょうか。(人事部部長・石井氏)


企画・管理本部 人事部 部長
石井喜代志氏


企画・管理本部 人事部 主任
臼井沙苗氏

お客さまの概要

SFPダイニング株式会社ロゴ

SFPダイニング株式会社

設立
1987年6月
資本金
658,741万円
従業員数
6800名(内アルバイト等5910名)
代表者
代表取締役社長 佐藤誠
事業内容
海鮮居酒屋「磯丸水産」、手羽先唐揚げ「鳥良」をはじめとする飲食店の経営

磯丸水産
魚介を自分で焼きながら楽しく過ごせるお店です。
なんと24時間年中無休です。

鳥良
こだわりの秘伝、手羽先唐揚 鶏料理専門店です。
季節ごとのおすすめ料理も充実しています。

担当より一言

飲食店チェーン特有の課題を解決できるご提案、サポートを心がけてまいります。

店舗スタッフの皆さまは、年齢層も、ITリテラシーも、おひとりさまごとに大きく異なります。そのような点にも十分配慮させていただき、スムーズな導入に至るよう、多方面から支援させていただきました。飲食チェーンならではの業務課題を解決できるよう、今後も精一杯努力して参りたいと思います。

クラウドICTサービス営業統括本部
ネットワークセキュリティ第一営業本部
第一営業部 第三グループ 主任
川合峰紘

ネットワークセキュリティサービス事業部
ネットワークセキュリティオペレーション本部
NSOインテグレーション部
第一グループ 技師 
宇野文康

今回の取材にご協力いただいたお客さま

SFPダイニング株式会社
企画・管理本部 人事部 部長 石井喜代志氏
企画・管理本部 人事部 主任 臼井沙苗氏

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2016年4月時点の情報です。
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連商品「モバイル給与明細配信サービス」をご検討のお客さまはこちら

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。