ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズ

コクヨS&T株式会社様

化学物質管理システム「ChemicalMate」(ケミカルメイト)

製品に含まれる化学物質情報を、商品の価値として提供可能に

写真:コクヨS&T株式会社様

お客さまの声

誰が対応しても、お客さまに等しく製品に含まれる化学物質情報を価値として提供できるようになり、問い合わせへの対応スピードも確実に向上しました。

導入前の課題
導入後の効果
サプライヤーから収集した化学物質情報を、効率良く整理できていなかった
「ChemicalMate」の利用により、サプライヤーから収集した化学物質情報を体系立てて整理できるようになった
お客さまから寄せられた化学物質に関する問い合わせへの対応に、時間と手間がかかっていた
過去に調査した化学物質情報の検索時間が短縮され、同じ内容の問い合わせへの対応スピードがアップした

コクヨグループにおける文房具・事務用品の総合メーカーとして、製造・仕入れ・販売などを担うコクヨS&T株式会社様(以下、コクヨS&T様)。同社は自社商品に使用している化学物質情報を管理するため、化学物質管理システム「ChemicalMate」(ケミカルメイト)を採用されました。今回はその経緯と効果について、品質保証部 QM革新グループ 課長の真鍋正至氏、同グループの喜瀬美咲氏、ステーショナリープロダクツ事業部 STマーケティングCU 企画第1グループ リーダーの水谷裕子氏にお話を伺いました。

導入の目的

化学物質情報が整理できておらず、問い合わせ対応に時間がかかっていた

コクヨS&T様が抱えていた課題

  • サプライヤーから収集した化学物質情報を、効率良く整理できていなかった
  • お客さまからの問い合わせ対応に、時間と手間がかかっていた

「ChemicalMate」(ケミカルメイト)を導入された経緯を教えていただけますか?

RoHS指令やREACH規則の施行以降、お客さまから品質保証部に寄せられる環境・化学物質に関するお問い合わせ数は、年々増加しています。特に近年はREACH規則で指定された化学物質に関する内容が多く、昨年は1年間で約800件以上のお問い合わせがありました。そうした化学物質に関する情報は、サプライヤーから収集したあと、商品別にフォルダを作って分類していたのですが、いざお客さまから問い合わせがあった際に、ほしい情報をすぐに検索できず、対応に時間がかかっていたのです。(真鍋氏)

当社にはOAラベルをはじめとする約8,600の商品があり同じカテゴリーの商品でも材料が違うとすべて調べ直す必要がありました。過去に調査した情報がないかを検索した上で、根拠情報と依頼内容の照らし合わせ作業を品質保証部の社員数名で対応していましたので、人手の面でもリスク管理の面でも限界を感じていました。(喜瀬氏)

状況改善のためには、情報の整理と作業負荷の低減を実現する必要があったわけですね?

はい。そこで、収集した化学物質の情報を体系立てて整理でき、問い合わせがあった際にお客さまへ情報を提供しやすい状態を作るため、システムを利用することにしました。また、一度調べた商品については、次に調べるときすぐに同じ情報が利用できるようにして、業務効率化を実現することもシステム導入を考えた要因の1つです。(真鍋氏)


コクヨS&T株式会社
品質保証部 QM革新グループ
課長 真鍋正至氏

選定のポイント

根拠情報とお客さまへの提供情報が紐付け可能なシステムを探していた

化学物質管理システム「ChemicalMate」(ケミカルメイト)を選択したポイント

  • SaaSサービスのため、新たな人材や機器を用意しなくても済むこと
  • サービスを使い続けるだけで、JAMPのトレンドなど世の中の水準に合わせられること
  • 説明会開催など、日立システムズのアフターフォローが充実していること

どのようなシステム・サービスを探されたのですか?

私たち品質保証部は、お客さまに「商品の価値を保証する」立場であり、お客さまから問い合わせがあった場合、しっかりと商品の価値をお伝えする必要があります。その際、どのような根拠をもってお客さまに説明したのか、同じ社内でぶれがないように、その根拠情報とお客さまへ提供する情報が紐付けられるシステムを希望していました。また、難しい操作や知識がいらず、コストが安価であることも、システム選定時の要件に含めていました。(真鍋氏)

化学物質管理システム「ChemicalMate」を選定されたのは、どのようなことが決め手になったのですか?

根拠情報とお客さまへの提供情報との紐付けが可能であることはもちろん、SaaSサービスということで、システム利用に際して新たな人材や機器を用意しなくても済みます。また、JAMPの書式が変更になった場合にも、すぐにシステム側で反映していただけるので、当社はこのサービスを使い続けるだけで、世の中の水準に常に合わせていくことができると考えています。そして、社内の関連部門への説明や、サプライヤーに化学物質情報伝達の重要性やJAMPのトレンドを伝えるための説明会開催などのアフターフォローも充実していました。こうしたポイントを総合的に判断して、「ChemicalMate」を選定しました。(真鍋氏)


コクヨS&T株式会社
品質保証部 QM革新グループ
喜瀬美咲氏

システム導入効果

誰が対応しても、等しく商品の価値を保証できるようになった

導入サービスの内容と効果

  • 誰でも簡単に、根拠情報をお客さまへ提供する情報に変換できるようになった
  • JAMP特有の書式などの要因により、お客さまから内容について再度お問い合わせを受けることがほとんどなくなった
  • OAラベルに使用されている化学物質を明示し、安心という付加価値を提供する動きを加速できた

「ChemicalMate」を導入して、どのような効果がございましたか?

品質保証部の全員が化学物質の専門家ではありませんので、根拠情報を誰でも簡単に、お客さまへ提供しやすいように情報を変換できるようになり、大変助かっています。また、根拠情報とお客さまへ提供する情報を紐付けられるので、お客さまからの問い合わせに対して誰でも等しく対応できるようになり適切に化学物質情報を提供できるようになりました。(真鍋氏)

サプライヤーから収集した情報を体系立てて整理できるようになり、化学物質に関する問い合わせへの対応スピードは確実に向上しました。また、過去の問い合わせ対応の中で、JAMPの書式の入力方法に関して、お客さまから再度お問い合わせを受けることがありました。その場合、文房具はサプライチェーンが長いため、納期が少なくとも1週間以上は延びていましたが、「ChemicalMate」の利用開始後は、お客さまから再度お問い合わせを受けることがほぼなくなり、化学物質管理のことで不明点がでてきたときには、日立システムズが迅速に質問に答えてくれるので、品質保証部としても安心して取り組めるようになりました。(喜瀬氏)

マーケティングの視点でご覧になって、今回の「ChemicalMate」導入はどのような効果がございましたか?

当社の主力商品の1つであるOAラベルは、競合各社の間で現在、低価格化が進んでいます。しかし、当社商品はそうした価格帯の商品とは一線を画し、差別化していきたいと考えています。そこで、OAラベルに使用されている化学物質情報をしっかりと公式に表に出していくことで、「使用されている化学物質が把握できるOAラベルがほしいお客さま」に対して、安心感という付加価値を訴求していく方針です。こうした動きを「ChemicalMate」の導入によって加速させられたことが、大きな効果だったと思います。(水谷氏)


コクヨS&T株式会社
ステーショナリープロダクツ事業部 STマーケティングCU
企画第1グループ リーダー
水谷裕子氏

システムイメージ図

今後の展望

化学物質情報の提供で、お客さまの困り事を解決し、環境問題の解決に貢献したい

予定している今後の方針

  • 化学物質情報を積極的に提供することで、お客さまの困り事を解決し、環境問題の解決に貢献したい
  • サプライヤー向けに、化学物質の情報伝達が重要であることを啓蒙するための講習会を実施したい

将来の展望について、教えていただけますか?

今回のOAラベルのように、化学物質情報を積極的に提供することでお客さまの困り事を解決し、環境問題の解決に貢献していきたいと考えています。また、サプライヤーに向けて、化学物質の情報伝達が重要であることを啓もうするための講習会を実施したいと思っています。このことは、引き続き日立システムズと連携して進めていきたいです。(真鍋氏)

今後、日立システムズに期待することはありますか?

これからも引き続き、世の中の動向や活用事例を含めた情報提供をお願いしたいと思います。(真鍋氏)

お客さまの概要

コクヨS&T株式会社ロゴ

コクヨS&T株式会社

設立
2004(平成16)年10月1日
所在地
大阪府大阪市東成区大今里南6-1-1
URL
http://www.kokuyo-st.co.jp/

コクヨ株式会社が分社・持株会社へ移行するのに伴って発足した、コクヨS&T様。S(ソリューション)とT(テクノロジー)には、「独自の技術によって、お客さまの問題を解決していく」という意味が込められています。また、創業者の言葉を自社の事業内容に置き換えた「商品を通じて世の中の役に立つ」という企業理念を、全従業員の目標に掲げています。

製品に含まれる化学物質情報を、商品の価値として提供した「プリンタを選ばない はかどりラベル」


業界標準のレイアウトだから、現在お使いのラベル印刷ソフトがそのまま使える「各社共通レイアウト」。

「プリンタを選ばない はかどりラベル」の3つの特長

特長(1) 作業スピード25%アップ
同じ作業を「はかどりラベル」と「従来ラベル」で比較すると、「はかどりラベル」を使ったほうが25%時間短縮を実現。商品ラベルや宛名ラベルなど幅広い用途でお使いいただけます。
特長(2) プリンタを選ばない「マルチ対応用紙」を採用
特長(3) 環境物質情報の提供
「はかどりラベル」では特にお客さまからご要望が多い4種類の定型書類をコクヨS&Tのホームページから取得できるようにしました。
詳しくはコクヨS&Tホームページをご覧ください。

コクヨS&Tはかどりラベルページへ

お客さまのニーズに合わせて4つのレイアウトをご用意。
(左から)

  • Microsoft® Wordでラベルを作成するお客さまに適した「Word対応レイアウト」
  • 噴出しや星型など自由な形のラベルを作成するお客さまに適した「ノーカットタイプ」
  • ファイルの背ラベルなど用途が明確なお客さまに適した「用途別レイアウト」

担当より一言

引き続き、お客さまのビジネスに貢献していきたいと思います


日立システムズ
井上雄一


日立システムズ
宮前瞬

最初にお問い合わせをいただいたとき、「文房具メーカーのお客さまが、どんな理由から化学物質情報を管理したいと考えられたのか」と正直、不思議でした。しかし、Webサイトを拝見したり、直接お会いしてお話を伺ったりしていくうちに、環境や化学物質に関して非常に真摯に取り組んでいる企業だと感じました。

私たちはJAMPの会員であると共に、JAMPの委員会活動に従事しており、化学物質に関する動向や情報を、わかり易くご提供できる点が強みです。 これからもこの強みを生かしつつ、お客さまのビジネスに貢献していきたいと思います。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

コクヨS&T株式会社
品質保証部 QM革新グループ 課長 真鍋正至氏
品質保証部 QM革新グループ 喜瀬美咲氏
ステーショナリープロダクツ事業部 STマーケティングCU 企画第1グループ リーダー 水谷裕子氏

ご協力ありがとうございました。
2013年1月掲載
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

関連商品「化学物質管理システム「ChemicalMate」」をご検討のお客さまはこちら

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。